特集・コラム

学生時代から自分で課題を見つけて しっかり取り組んでいけば道は開けてくる

20170506_interview1.jpg

石川哲也(弦楽器工房 Path 代表/リペアマン)インタビュー

■音楽学校へ進学しようと思ったきっかけを教えてください。

もともと音楽が好きで、高校時代はゴスペルのグループに入って歌っていましたし、大学時代はジャズ研に入っていました。その頃にギターを始めたんですけど、弾くことよりも“いじる”ことが好きになってしまったんです。でも、当時はギターの修理の仕事をしようとは思っていませんでした。バンドをやっていたので、それでデビューできないかな、なんて漠然と考えたりはしていましたけど、そう上手くもいかずに、普通に就職したんです。ただ、仕事を続けている中で、これが本当に自分がやりたかった仕事なんだろうかと疑問が湧いてきて。そんなときに見つけたのが代官山音楽院(島村楽器テクニカルアカデミー)だったんです。自分はギターを直したり、作ったりするのが好きだし、思えば、小さい頃からモノづくりが好きだったということを思い出しました。それで思い切って会社を辞めて、学校へ通うことにしたんです。

■クラフトマンを養成する学校が数ある中、代官山音楽院(島村楽器テクニカルアカデミー)を選んだ理由は?

一番は授業時間の多さです。それと放課後も学校を開放していて、学校に長くいられるところにも惹かれました。

■学生時代、卒業後の進路についてはどう考えていましたか?

学校に入れば、卒業するときにはどこかの工房に弟子入りできるものだと思っていたんです。甘かったですね(笑)。進路について悩んでいたときに、先生から個人で工房をやっている方を紹介していただいて、話を聞く機会があったんです。当時の自分は、いきなり開業なんてできるわけないと思っていました。何年か働いて自分に箔をつけないとダメだろうと。でも、その方がおっしゃっていたのは“箔がつくまでは無理だと思っているうちは、箔なんてつかない。とにかくやってみたほうがいい”と。その言葉にすごく勇気づけられました。それに先生も“やってみろ”と応援してくれて。それで卒業と同時に自分の工房を立ち上げたんです。

■お店はすぐに軌道に乗りました?

最初から儲かるわけはなくて、アルバイトと並行しながらでした。今は THE NOVEMBERSのギターのリペアを担当していますが、それはアルバイトをしていた音楽スタジオを彼らが利用していて、“リペアの仕事をしているんです”という話をしたら直してほしいということになって。そんな感じで、人づてで、だんだん仕事が増えていった感じです。

■そのお仕事に、学校で習ったことが役立っていると思うことはありますか?

いつもそう思っています。1年次にギターを2本製作したんですが、とにかく先生のチェックが厳しくて(笑)。でも、実際に仕事を始めてみると、そのくらい厳しく細かく作業をしないと、お客さんは納得してくれません。仕事の厳しさを叩き込まれたんだなと今になって思います。学校で習った技術というのは、基本中の基本なんですけど、そこをしっかり教えてもらったからこそ、応用が効くんですよ。仕事では初めてやる作業も多いんですが、それには基礎の応用が必要になってくるんです。

■今、仕事をしているうえで大切にしていることは何でしょうか?

お客さんとコミュニケーションをとることですね。僕に直してもらいたいと思ってもらうことが大切。楽器のリペアって、僕は主治医制がいいと思うんです。かかりつけのお医者さんは、この人はこういう症状が出やすくて、この治療が合っていると、患者さんのことをちゃんと理解していますよね。そんなふうに、お客さんの好みやその楽器の個性をよく理解している人が楽器をいじるほうが、より良いリペアができると思うんです。

■最後に、音楽学校への進学を考えている人にアドバイスをお願いします。

代官山音楽院(島村楽器テクニカルアカデミー)は、ギターのリペアや製作を仕事にしたいと思っている人には、すごく良い学校だと思います。ちゃんと勉強させてくれる。先生方は聞けば聞くだけ応えてくれますし。ただ、言われたことをやっているだけではダメ。流されたまま終わってしまう。なぜ上手くいかなかったのか、どうやったら上手くいくのか、学生のうちから自分で課題を見つけてしっかり取り組んでいけば、道は開けてくるんじゃないでしょうか。

【Shop Information 】
WEBSITE:http://www.path-guitarbassandfx.com/
MAIL:path.guitar.bass.and.fx@gmail.com
TEL:080-3250-1969

石川さんが代官山音楽院(島村楽器テクニカルアカデミー)ギタークラフト&リペア科卒業と同時に設立したリペア工房。THE NOVEMBERSをはじめとするプロ・ミュージシャンからアマチュアまで、幅広い層のプレイヤーのギター、ベースをリペアおよびメンテナンス、カスタマイズを行っている。“お客様との対話” をモットーにした丁寧な仕事ぶりで評判を呼んでいる。依頼方法などの詳細は上記 WEBSITE で確認を。