“音楽を仕事にする”を全方位から目指せる専門学校
東京スクールオブミュージック専門学校 渋谷

この学校のパンフをもらう(志望校リストに追加)
学校一覧からまとめてパンフをもらう

東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校(以下 TSM)、東京スクールオブミュージック専門学校渋谷(以下 TSM渋谷)が誇る最大の特徴は、これまでにデビュー 2,000組以上、就職15,000人以上(姉妹校含む)という圧倒的な実績。

同校ならではの「産学協同教育システム」によって、数多くのアーティストを輩出している。中でも代表的な取り組みが、さまざまな音楽系企業とコラボレートして行われる「企業プロジェクト」だ。これは企業から発注を受けた実際の仕事に学生が参加するというもので、サポート・ミュージシャンとしてコンサートに出演したり、スタッフとしてライブやイベントの運営に参加したり、プロのアーティストに楽曲提供を行ったりと、その内容は多岐にわたる。こうしたプロジェクトを通して実践経験を積む中で、音楽業界との接点が生まれ、デビューや就職につながるという仕組みだ。

学内の各種スタジオやライブスペースなどはすべてプロ・クオリティ。学生一人ひとりの具体的な進路に対応できるよう細分化されたコース/カリキュラムで、音楽&エンターテインメント業界志望者を力強くバックアップしている。

充実のスクールライフ

プロの仕事を経験できる「企業プロジェクト」

音楽プロダクション、レコード会社、コンサート制作会社、テーマパークなど 1,300社以上の企業のバックアップを受けて行われる「企業プロジェクト」は、その数年間100 回を超える。この取り組みが学生たちのプロ意識を高め、即戦力を磨く。

幅広い実力が身につく「Wメジャーカリキュラム」

学科の垣根を越えて自分のコース以外の科目も受講できるシステムを採用。学びながら将来の目標を探せるうえに、力や個性を幅広く伸ばすことで、デビュー&就職の選択肢も広げられる。もちろん、学費は1学科のみを受講する場合と変わらない。

業界がバックアップする「デビュー&就職システム」

延べ 462社(2015年実績)が参加する新人発掘プレゼンテーションや合同企業説明会を筆頭に、100社以上とタイアップした学内オーディション、協力企業でのインターンシップなど、音楽業界との多彩かつ強力なパイプで豊富な実績を生んでいる。

在校生/卒業生/講師からの声

「TSMの3年制だから何でもこなせるプロデュース能力が身についた」
楠亀晃星さん/TSM アーティストエンジニアコース2年

中学生の頃からギターを独学で練習し、高校時代にある音楽の大会に出場したら……なんと優勝しちゃいまして! それがきっかけで、もっと大きなステージで観客を沸かせたいと思うようになり、将来の進路として本格的に音楽をやっていこうと決意しました。TSMを選んだ理由は、アットホームな校風で、同じ校舎にいろいろなコースがあって幅広い学生と一緒に学べるうえに、設備も充実していて、短時間でスキルアップできそうだと感じたこと。とにかくギターが上手くなりたい!と思って入学しましたが、演奏面だけでなく、レコーディングや Web デザインに関する授業もあったりと、多様なことを学べるのも魅力ですね。すでにギター・テクニックも前と比べものにならないくらい向上しましたし、音源制作やバンドの HP 作り、物販用のT シャツやタオルのデザインまで自分でこなせるセルフ・プロデュース能力も身につきました。また、音楽業界の楽しさだけでなく厳しさも知ったことで、むしろ夢や可能性はいちだんと広がった気がします。

「夢は人々に衝撃を与えられるベース・ヒーロー」
見澤真一さん/TSM 渋谷 ベーステクニックコース 2年

ベースを始めたきっかけは動画サイトで目にしたビリー・シーンのソロに衝撃を受けたこと。それからベーシストを志し、音楽業界と太いパイプがあって充実した機材環境で学べるTSM渋谷に興味を持ちました。特にチャレンジキャンパスという体験入学で、数々のゲスト・アーティストの授業を間近で受けられたのが選んだ決め手です。実際に学び始めてからも豪華なアーティストの講義を数々経験できていますし、中でもギタリストのガスリー・ゴーヴァンが来校したことは印象的でした。自分のプレイに関して大きく変わった点は、役割をきちんと果たせるようになったことです。音楽はひとりの力で成り立つものではないことを理解し、共演者を思いやって丁寧に弾けるようになりました。まずは一人前になるのが課題ですが、夢は自分がビリー・シーンから受けたような衝撃を人々に与えられるくらいのベース・ヒーローになることです。皆さんも、これだけは譲れないというビジョンがあれば何にも負けないと思うので、頑張ってください。

「音楽だけでなく人間性も成長できています」
須田あかりさん/TSM 渋谷 ソロヴォーカルコース 2年

TSM渋谷の魅力は素敵な先生がたくさんいらっしゃるところ。先生方と出会ったおかげで考え方に変化があり、友人からも雰囲気が変わったと言われるほど、音楽だけでなく人間性も成長できています。授業で教わったイエスバット法も印象的で、これは“嫌だな”というマイナスの気持ちを最初は“Yes”で認め、そこから“But”でプラスの気持ちに切り替えていくというもの。厳しくもあり、つまずくことも多い音楽の世界もこの方法を使えば乗り切れるんです。もちろん歌の技術も確実に進歩していて、自分に合う発声法を学ぶことで歌える曲も増え、自由に表現できるようになってきています。海外研修では LA の教会でゴスペルを歌い、自然と涙があふれるほど心が熱くなる貴重な体験もさせていただきました。もともと私がこの道を志したのは、大失恋をしたときに倖田來未さんの「Moon Crying」を聴いて救われたこと。そんな風に誰かを救える表現者を目指し、人々に音楽で、歌で、感動や共感を伝えていきたいと思います。

「先輩ミュージシャンの姿勢を学んで、一歩を踏み出す勇気が湧いた」
LoVendo Я ギタリスト/魚住有希さん
TSM渋谷 ギターテクニックコース 2010年卒業

私は今、元モーニング娘。の田中れいなさんがボーカルを務める LoVendoЯ(ラベンダー)という4 人組ガールズ・バンドのギタリストとして活動しています。そのきっかけは、TSM渋谷の先生に勧めていただいたオーディションを受けたことでした。もともと引っ込み思案な性格でしたが、TSM渋谷で先輩ミュージシャンたちの姿勢を学んだり、業界で活躍されている方のリアルなお話を聞いたりしたことで、ギタリストとして一歩を踏み出す勇気が湧いたのです。先生はいつも“どんなところにチャンスがあるかわからないから、いつでも準備しておくこと!”とおっしゃっていて、本当にそうだったなと実感しています。この仕事は、自分が持っている能力を全力で出し切ることが求められます。中学時代、GLAY に憧れてギターを始めたのですが、私は彼らの楽曲の良さとともに、人柄や音楽に対する姿勢にも惹きつけられたのだと思います。その背中を追って、私も誰かの目標となれるギタリストを目指して頑張ります。

学校情報

東京スクールオブミュージック専門学校 渋谷


大きな地図で見る

 

この学校のパンフをもらう(志望校リストに追加)
学校一覧からまとめてパンフをもらう